ドラム講師 桧垣翔平

講師 桧垣翔平(ひがき しょうへい)

 

 

11月7日生。京都府出身。高校1年生の時に東京事変の「群青日和」のドラムのサウンドに衝撃を受けドラムを始める。

大学入学を期に上京。この頃からポップス、ロック、ジャズバンドのサポート、箱バン等を経験する。

 

岩田ガンタ康彦、村石雅行に師事。

2011年菅沼孝三&天地雅楽コンテストで審査員特別賞受賞。

メジャーアーティストのサポート及びMV出演、CM音楽のRec、国内外での音楽フェス出演等、活動は多岐に渡る。

現在は主にバンド、シンガーソングライターのサポートドラマーとして都内を中心に活動中。 

 

 

 

 

 


◉講師の特徴・大切にしている事

 

上達の実感、ヒントが得られるレッスンを心がけています。僕はドラムを始めてから10年以上経ちますが、新しい技術を習得したり、出来ないことが出来るようになると今でもとても達成感がありますし、喜びを感じます。この喜びを生徒さんにも体験してもらいたいと思います。

得意ジャンルはロック・ポップス・アニソン・ファンク等です。歌に寄り添うドラム、曲を活かしたドラムを叩くことを大切にしており、どうすれば歌が引き立つか、曲が素晴らしく聴こえるか、その為に自分の叩くドラムが楽曲にどう貢献できるかを常に考えながら演奏しています。

また、マイナスワン音源を使った、ドラムのフレーズをゼロから構築して、かっこよく聴かせる事も得意です。何でも聞いてください! 

◉どんな講師?

趣味は食レポです。美味しいお店教えてください!
性格は真面目、マイペース、ひどい天然です(笑)。よろしくお願いします!

 

◉レッスンの特徴

 僕のレッスンは課題やテクニック習得に対し、「何故こうした方がいいのか、こうする必要があるのか」等といったことを、筋道を立てて言葉で説明し(もちろん、全てを言葉で説明するのは限界がありますが)、理屈をしっかりと理解してもらいながら進めていきます。

理屈を理解しておけば、練習の仕方、練習する目的や意味も明確になって上達へのモチベーションとなりますし、今後様々なテクニックを習得するにあたって壁にぶち当たったとしても、つまづくことが少なくなったり、自分で問題を解決する大きな手がかりになるからです。

ここまで読んでもう既に理屈っぽいなと思われた方がいらっしゃるかもしれませんが(笑)、ご安心ください。まずは楽しく、を一番にやらせていただきます!